mixi Developer Center (ミクシィ デベロッパーセンター)

mixiアプリ

mixiアプリ » 技術仕様(RESTful API方式) » スマートフォン » はじめてのmixiアプリ for Touch

はじめてのmixiアプリ for Touch

2014年11月27日に旧方式(RESTful API方式)の対応が再開されました。現在は旧方式・新方式(Graph API方式)のどちらもご選択いただけます。
旧方式APIの受付再開について(2014/11/27)

mixiへのログイン

http://mixi.jp/

実際のアプリケーション開発に入る前に、上記のURLにアクセスしてお使いのアカウントでmixiに問題なくログインできるかどうかを確認してください。
なお、AndroidやiPhoneなどの実機の他に、通常のPC用Webブラウザも使用可能です。その場合は、UserAgentの値をスマートフォンのものに変更することでスマートフォン用に最適化された画面が表示されます。

login.png

現在、mixiアプリ for Touchは認定パートナー(法人)クレジットカード登録済の個人パートナーが作成することができます。

ガジェットXMLファイルの作成

ミクシィに問題なくログインできたら、アプリケーションをmixiに登録するためのガジェットXMLを用意します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<Module>
  <ModulePrefs title="はじめてのmixiアプリ for Touch"></ModulePrefs>
  <Content type="url" view="touch" href="http://example.com/hello.html" />
</Module>

ここで、type="url" view="touch"は固定です。hrefには、アプリケーションのスタートURLを設定します。これが、ユーザがアプリケーションを最初に実行した際に呼び出されるページになります。ここでは、スタートURLをhttp://example.com/hello.html とします。実際に試す際は、ご自分のサーバのURLに置き換えてください。

また、PCとモバイルにも対応したアプリケーションを作成する場合は、以下のように並べて記述します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<Module>
  <ModulePrefs title="はじめてのmixiアプリ for Touch"></ModulePrefs>
  <Content type="url" view="touch" href="http://example.com/hello.html" />
  <Content type="url" view="mobile" href="http://example.com/mobile.html" />
  <Content type="html"><![CDATA[
    Hello World.
  ]]></Content>
</Module>

このファイルをインターネット上からアクセスできる場所に設置してください。

HTMLファイルの設置

次にHTMLファイルを準備します。ここでは、テキストを表示するだけのシンプルなアプリケーションを作成していきます。実際には、WebKit向けにviewportの設定などを行う必要がありますが、ここではその解説は行いません。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="UTF-8" />
  <title>はじめてのmixiアプリ for Touch</title>
</head>
<body>
はじめてのmixiアプリ for Touch
</body>
</html>

このファイルを先ほど指定したスタートURL(http://example.com/hello.html)でアクセスできるようにサーバにアップロードしてください。インターネットからアクセスできるサーバでなくてはなりません。

アプリケーションの登録

次にPartner Dashboardにて、アプリケーションを作成します。必ず対応デバイスの項目で「Touch」にチェックをしてください。ガジェットURLの欄には 5.2 で設置したGadget XMLのURLを設定します。

アプリケーション実行

プラットフォーム側の準備が整うと、実際にアプリケーションを実行できるようになります。スマートフォンまたはPC上のWebブラウザから、以下のURLにアクセスしてください。

http://mixi.jp/run_appli.pl?id=xxxxx

24.png

アプリケーション開発中にスタートURLを変更したくなった場合は、SAPポータルのアプリ管理画面にて変更する必要があります。ガジェットXML内の記述を変更しただけでは、プラットフォーム側に反映されませんのでご注意ください。

このページの上部へ