mixi Developer Center (ミクシィ デベロッパーセンター)

mixiアプリ

mixiアプリ » 技術仕様(Graph API方式) » PC » JavaScript API の利用準備

JavaScript API の利用準備

JavaScript API を利用するには、以下の事前準備をしておく必要があります。

手順1. mixiアプリと同じドメインの Web サーバに、以下の内容のhtmlファイルを配置します

<script>
var u = location.href, h = u.substr(u.indexOf('#') + 1).split('&'), t, r;
try {
  t = h[0] === '..' ? parent.parent : parent.frames[h[0]];
  r = t.gadgets.rpc.receive;
} catch (e) {
}
r && r(h);
</script>

※ この html ファイルは User Flow API など、callback を行う API で必要なものとなります
正しく設定されていないと、一部ブラウザで callback が実行されない場合があります

手順2. mixiアプリ内で以下のように JavaScript コードを読み込みます

<script type="text/javascript" charset="UTF-8" src="http://static.mixi.jp/js/application/connect.js"></script>

手順3. 以下の初期化コードを実行します

mixi.init({
    appId:    "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX",
    relayUrl: "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX"
});

mixi.init()関数で指定するパラメータは、それぞれ以下となります。

パラメータ 指定する値
appId mixiアプリに割り当てられた、mixi Graph API のConsumer Key
relayUrl 手順1で配置した html ファイルの URL

このページの上部へ