mixi Developer Center (ミクシィ デベロッパーセンター)

mixiアプリ

mixiアプリ » 技術仕様(Graph API方式) » モバイル » メッセージ送信機能について

メッセージ送信機能について

mixiアプリモバイルでは、アプリからユーザがメッセージを送信することを可能とする、メッセージ送信機能を提供しています。ここでは、メッセージ送信機能を使用する方法について説明します。

ユーザ認可の取得

メッセージ送信機能を利用するためには、mixi_apps2スコープのユーザ認可を取得する必要があります。
詳しくは ユーザ認可について を参照ください。

メッセージを送信する

アプリからユーザがメッセージを送信するには、mixiモバイルへHTTPリクエストを行います。文字コードは Shift_JIS と UTF-8、メソッドはPOSTのみをサポートしています。

send:message?callback=[エスケープ済みURL]

HTTPリクエストのパラメータは、以下となります。

callback 送信完了画面(*1)へ遷移するエスケープ済みURL(*2)を指定します。
*1 SAPサーバに用意していただく必要があります。
*2 QUERY_STRING に含める必要があります
recipients メッセージの送り先ユーザID
*指定できるユーザIDは1つです
title 件名にデフォルト入力する値
*全角100文字上限
*絵文字は使えません
body メッセージとは別に本文に追加される固定本文
*全角1000文字上限
*絵文字が使用可能です。
*アプリへのリンクなどを含めることが可能です

また、ユーザがアクセスしている端末のキャリアがドコモの場合には、”guid=ON”パラメータも付加してください。

リクエスト例 (ドコモ)

POST:

<form action="send:message?callback=[エスケープ済みURL]&guid=ON" method="POST" >
	<input type="text" name="recipients" value="[送り先ユーザID]" />
	<input type="text" name="title" value="[デフォルト件名]" />
	<input type="text" name="body" value="[固定本文]" />

	<input type="submit" value="送信" />
</form>

HTTPリクエスト後の遷移について

mixiモバイルに、HTTPリクエストを行うと、ユーザに以下のような画面が表示されます。
mobile_send_message1

ユーザが確認画面で”はい”を押すと、指定したコールバックURLにリダイレクトされます。送信したメッセージは送り元ユーザのメッセージ送信箱に残り、送り先ユーザのメッセージ受信箱に届きます。

エラーページについて

mixiモバイルに、HTTPリクエストを行った際のエラーページについて説明します。

パターン1 アクセス制限

 

  • 送信先ユーザが存在しなかった場合
  • 送信先ユーザが自分自身の場合
  • 送信先ユーザがアクセスブロックしている場合
パターン2 18歳未満のユーザが、以下のユーザ以外に送信した場合

 

  • 友人
  • 友人の友人
パターン3 アカウント制限

 

  • 送信元ユーザがパートナーアカウントの場合
パターン4 その他

 

  • 必須パラメータが不足している場合
  • 規定以外の値を使用した場合
  • 送信元ユーザがアプリ未登録の場合
  • 送信元ユーザがログインしていない場合
  • モバイル対応以外のアプリから送信した場合
  • POST メソッド以外を使用した場合
  • その他不適切な使用方法をした場合

mobile_send_message2

エラーコード

以下のエラーが発生した場合は、コールバックURLが呼び出される際に、resultパラメータにfalseが、errorパラメータに具体的なエラーコードが指定されます。

エラーコード 概要
401 (UNAUTHORIZED) mixi_apps2スコープの認可を保持していないとき

 

このページの上部へ