mixi Developer Center (ミクシィ デベロッパーセンター)

mixiアプリ

mixiアプリ » 技術仕様(Graph API方式) » mixi API SDK for Android™ » プロジェクトの作成

プロジェクトの作成

ダウンロードページから最新のSDKをダウンロードして、適切な場所に解凍しておく必要があります。
また、ここではEclipseを使ってアプリケーションを開発をする手順を説明していきます。mixi API SDK for Android™ と Eclipse Plugin が事前にインストールされていることを想定しています。

mixi API SDK for Android™ のインポート

mixi API SDK for Android™ を利用するには、ライブラリプロジェクトとして事前にインポートする必要があります。

[file]-[import] から General のExisting Project into WorkSpace で mixi API SDK for Android™ を取り込んでください。

Androidプロジェクトの作成

通常のAndroidプロジェクト作成手順に従ってプロジェクトを作成します。

プロジェクトライブラリの登録

先ほど登録した mixi API SDK for Android™ ライブラリを開発するプロジェクトに登録します。
プロジェクトのプロパティを開き、[Android]-[Library]の欄に追加してください。

default.properties ファイルに以下のような行が追加されていれば正常です。

android.library.reference.1=../jp_mixi_android

AndroidManifest.xml

mixi APIサーバと通信する必要があるため、Manifestファイルにてインターネット接続を許可してください。

<uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />

また、mixi Webサイトからの起動するための intent-filter の記述も必要です。例えば、Partner Dashboardのアプリ設定ページで登録した起動URIスキームが"mixiapp-1234″の場合は次のように設定します。

<intent-filter>
    <category android:name="android.intent.category.DEFAULT" />
    <category android:name="android.intent.category.BROWSABLE" />
    <action android:name="android.intent.action.VIEW" />
    <data android:scheme="mixiapp-1234" />
</intent-filter>

 

これで開発を始める準備は整いました。次からは、いよいよ実際の開発に入っていきます。

このページの上部へ